2010年04月07日

名張毒ぶどう酒、高裁差し戻し=再審取り消し破棄−「さらに科学的検討を」・最高裁(時事通信)

 三重県名張市で1961年、農薬入りぶどう酒を飲んだ女性5人が死亡した「名張毒ぶどう酒事件」で殺人などの罪に問われ、死刑が確定した奥西勝死刑囚(84)の第7次再審請求特別抗告審で、最高裁第3小法廷(堀籠幸男裁判長)は5日付で、「科学的検討が尽くされていない」として、再審開始を取り消した名古屋高裁の異議審決定を破棄、審理を同高裁に差し戻す決定をした。
 再審請求をめぐり、高裁の決定を最高裁が覆すのは極めて異例。結論の方向性は示されておらず、再審が認められるかどうかは、差し戻し審での証拠調べ次第となる。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕知られざる塀の向こう側 刑務所の実態
〔用語解説〕「中国の死刑制度」
背後に覚せい剤国際密輸網=赤野死刑囚、判決に不満も
日本人に死刑執行=麻薬密輸罪で、国交正常化後初

車内に雑然と可燃物=紙くずなどに引火か−4児死亡火災・北海道(時事通信)
文化・観光でワンストップ窓口=外国人客誘致へパリなどで試行−政府(時事通信)
電車内で痴漢行為、警視庁警部補を現行犯逮捕(産経新聞)
五木寛之氏・直木賞選考委員退任 「新しい空気必要」(産経新聞)
<自民党>改革色強く打ち出す 国家公務員法等改正案の対案(毎日新聞)
posted by ムラノ エミコ at 20:57| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月06日

<薬害C型肝炎>「医薬品基本法」制定を 有識者会議(毎日新聞)

 薬害C型肝炎問題を検証する厚生労働省の有識者会議(座長、寺野彰・独協医科大学長)は30日、薬害再発防止に向け国の責任を明確にする「医薬品安全基本法」の制定などを盛り込んだ最終提言をまとめた。薬害はリスクの不当な軽視や意思決定の遅れで起こり、薬事行政を抜本的に見直す必要があるとして▽患者からの副作用報告制度の創設▽行政を監視する第三者組織の設置▽添付文書の内容更新の義務化−−などを求めている。

 長妻昭厚労相は「薬害肝炎は国の責任で起きた。提言を速やかに実施していきたい」と述べた。厚労省は新年度から、監視組織の設置準備など提言内容の具体化を進める。

 有識者会議は、08年1月の薬害肝炎訴訟の和解合意に基づき設置され、薬害被害者らも加わって検証と再発防止の議論をしてきた。

 提言は、薬害防止には行政だけでなく、製薬企業や医療関係者、研究者らの協力が必要だと指摘。具体策として、副作用の情報について国が患者から報告を受けたり、国が医療機関に直接照会できる仕組みを作るよう求めた。企業に対しては、添付文書に最新の知見を反映させることを義務付けるべきだとした。

 一方で、患者が強く望む国内未承認薬については「命に地域格差があってはならない」として、個人輸入する医師を登録するなど安全性を担保しつつ、代替がない薬の輸入を人道的に認めるなどのシステム作りも求めている。

 また、国の基本姿勢を示し、幅広く社会の認識を高めるためとして、薬害研究資料館の設立や、総合的な基本法の制定も提言に盛り込んだ。【清水健二、佐々木洋】

 ◇行政と企業、危機感薄く

 有識者会議が設けた研究班は今年度、検証の一環として行政、企業の当時の担当者計13人から初めてヒアリングをした。青森で集団感染が報告されながら、対応が遅れて被害が拡大した87年当時、旧厚生省が報告を記録化せず放置し、企業側も副作用の調査担当者が1人しかいなかったずさんな対応ぶりが明らかになった。

 研究班報告によると、86年に青森県三沢市の産婦人科医院で起きた集団感染について、医師は87年1月に感染原因の血液製剤を製造した旧ミドリ十字に報告。国にも同時期に電話で報告していたとみられるが、旧厚生省には一切の記録がなく、副作用報告を受けた際に記録に残す手順も決まっていなかった。

 担当者は3月に文書で報告を受けてから対応を始めたが、専門家の評価委員会を開くまで約2カ月かかり、委員会には重要な情報である血液製剤の製造ラインを示すロット番号や、感染者の輸血の有無などが伝えられなかった。研究班は「ロット番号などの情報は原因究明の手がかりになった可能性があり、行政が医師の警鐘を受け止めなかったのは問題だ」と指摘した。

 一方、旧ミドリ十字は国から血液製剤の副作用調査を指示されたが、実質的に対応していたのは医薬安全室長1人だけだった。国へ報告する内容も「副作用ではなく事故のケース」と認識し、死亡例などの極端な事例以外は報告しない方針だった。研究班は「不利益な情報は制限的にしか明らかにしない企業体質」と批判している。

 研究班に加わった元原告の坂田和江さんは「当時の対応にはあまりに危機感がなく、聞くのがつらかった」と振り返る。【清水健二】

【関連ニュース】
B型肝炎訴訟:36人が追加提訴、原告419人に
B型肝炎訴訟:「いつ発症するか不安」 原告400人超えた
薬害C型肝炎訴訟:患者1人、和解成立−−県内11人目 /静岡
薬害C型肝炎訴訟:男女5人の和解が成立 /神奈川
薬害C型肝炎訴訟:初めて実名公表・東京訴訟原告の平井さんしのぶ−−新潟

「橋下新党」旗揚げ、大阪府議会に新会派(読売新聞)
ベランダに乳児遺体、兄が発見 母「別の男性との子」埋める(産経新聞)
民主参院幹部が首相を激励「参院選の勝敗にかかわらず政権続く」(産経新聞)
納豆ネバネバに効果あり、池の濁りスッキリ(読売新聞)
弁護士名乗り「全財産送れ」3500万円詐欺(読売新聞)
posted by ムラノ エミコ at 01:40| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月02日

<軽費老人ホーム>設置基準緩和の「都市型」容認へ…厚労省(毎日新聞)

 厚生労働省は4月から、東京23区や大阪市などの都市部に限って、軽費老人ホームの設置基準を緩和した「都市型軽費老人ホーム」の設置を認める。居室面積の最低基準などを緩和するよう改正した省令を1日に施行する。都市型も認めることで、地価の高い都市部でも低所得高齢者向けの施設を容易に設置できるようにする。

 都市型は居室面積の最低基準を、従来の軽費老人ホーム(21・6平方メートル以上)の約3分の1(7・43平方メートル以上)とするほか、定員は20人以下とする。適用は東京23区、東京都武蔵野市、大阪市の全域と、横浜市、川崎市、名古屋市、神戸市などの一部地域。【佐藤浩】

【関連ニュース】
社説:介護施設火災 悲劇防ぐ手立て早急に
【新刊本】『介護の値段 老後を生き抜くコスト』=結城 康博・著
特集:介護予防・認知症予防総合フェア お口のケアで健康生活
手作り方言かるた:老人施設入所者、園児にプレゼント−−白石 /宮城
札幌・グループホーム火災:事件受け、老人介護施設を査察−−福井市消防局 /福井

五輪招致断念 広島市長は苦渋の表情(産経新聞)
テロ、断じて許さない=平野官房長官(時事通信)
パトカー追跡中、3台衝突事故=巡査部長ら2人死亡−新潟(時事通信)
<夫絞殺>容疑の69歳妻逮捕 35年寝たきりの夫に頼まれ(毎日新聞)
足利事件無罪、捜査幹部「使命果たせず無念」(読売新聞)
posted by ムラノ エミコ at 20:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。