2010年05月14日

狭山事件 検察側が証拠開示…取り調べテープなど36点(毎日新聞)

 埼玉県狭山市で1963年、女子高校生が殺害された「狭山事件」で無期懲役が確定した石川一雄さん(71)=仮釈放中=の第3次再審請求を巡り、東京高検は13日、石川さんが「自白」した捜査段階の取り調べ録音テープなど36点の証拠を弁護団に開示した。検察側が証拠を開示したのは第2次再審請求中の88年以来、22年ぶり。

 東京高裁が昨年12月、捜査段階の自白で「殺害現場」とされた雑木林で被害者の血痕の有無を調べた捜査報告書など8点の証拠開示を高検に勧告。高検は13日の3者協議で勧告対象外のテープも含めて開示した。

 弁護団によると、開示されたのは、石川さんが自白した63年6月ごろの取り調べ録音テープ9本▽雑木林近くにいたものの、弁護団には「争う声は聞いていない」と証言した男性の供述調書▽石川さんの筆跡が分かる書類4通−−などの証拠。高検は血痕の捜査報告書を「見当たらない」と説明した。

 弁護団は開示された証拠を検討し、9月に開かれる次回協議までに新証拠として高裁に提出したり、追加の開示請求を行う方針。

 会見した石川さんは「まだ隠している証拠があるはず。一日も早く(証人尋問などの)事実調べをして再審開始決定を出してほしい」と話した。石川さんは控訴審段階の64年から一貫して無罪を主張している。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
狭山事件:石川さん支援集会 菅家さんも訴え
足利事件:菅家さんの無罪判決を祝う集会開く 宇都宮で
狭山事件:支援者ら集会−−東京・日比谷

日医連 民主公認の新人を推薦 自民現職は支援に格下げ(毎日新聞)
医師装った疑い 44歳の無職逮捕 岩手、着任直前 (産経新聞)
米は地元合意を見極め、協議長期化の見方も(読売新聞)
国外移設も…民主6議員、サイパンなど視察へ(読売新聞)
役員年金打ち切り「同意必要」=もみじ銀の勝訴見直し−最高裁
posted by ムラノ エミコ at 23:06| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。