2010年06月15日

コケに落つ盛者必衰の白き花 東林院、沙羅双樹を愛でる会(産経新聞)

 「沙羅(さら)双樹の寺」として知られる妙心寺塔頭(たっちゅう)・東林院(京都市右京区)で15日、初夏恒例の「沙羅の花を愛でる会」が始まり、雨露にぬれたコケの上に落ちた白いかれんな花が参拝者を魅了している。

 沙羅はナツツバキの別名。同院には若木が約20本あり、梅雨の時期、早朝に白い花を咲かせ、夕方には散ってしまう。その無常感が平家物語に「沙羅双樹の花の色、盛者必衰の理(ことわり)をあらわす」と記されている。今年は開花が約1週間遅れ、見ごろは20日前後という。

 西川玄房住職(71)は「雨がしとしとと降るときが一番美しい。沙羅のはかなさ、無常さを素直に感じてほしい」と話している。会は30日まで。

【関連記事】
アジサイ庭園のライトアップ 三室戸寺
和歌山だけで咲くキイシモツケが見ごろ 紀の川市
花菖蒲ライトアップ 大阪の城北菖蒲園
「夏の光跡」和歌山・湯浅でゲンジボタル乱舞
ハナショウブが彩る初夏の「神苑」 平安神宮

両親? 暴行し死なせる=殺人未遂容疑で42歳男逮捕―警視庁(時事通信)
<祇園祭>山鉾の胴懸 平山氏の作品「らくだ行」基に制作(毎日新聞)
国民の信頼回復にまい進=菅内閣、初閣議で基本方針(時事通信)
早期終息、再建に全力=菅首相、口蹄疫対策で宮崎入り(時事通信)
高齢者催眠商法で業務停止命令―長崎県(医療介護CBニュース)
posted by ムラノ エミコ at 22:37| Comment(5) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。